顔のシミが消えるコンシーラーの選び方、使い方

顔のシミは年齢と共に濃くなったり増えたりして顔の印象も変えてしまいます。長年にわたって広がったシミはなかなか簡単には消えないので、シミケアを根気よくしながら普段はメイクできれいに隠すようにしましょう。そのメイクも手順を踏んで丁寧に仕上げると、スッピンとは全く違ったきれいな仕上がりになります。

 

⇒ シミとしわに効果があるオールインワンゲル

 

シミを隠すコンシーラーの選び方

 

シミを隠してメイクをする上で重要なアイテムが「コンシーラー」です。顔色全体を補正する下地クリームとは違って、目立つシミを隠すものです。コンシーラーにはクリームタイプやスティック、パウダータイプとあり、シミの濃さや大きさ、メイクのしやすさなどで選びましょう。

 

薄く広めのシミにはパウダーファンデーションの上から重ねるパウダータイプのコンシーラーを使います。一つ一つが濃いシミをカバーするにはクリームやスティックのものを使います。使用感や仕上がりが違うので、隠すシミや使うファンデーションに合わせて選びましょう。

 

 

コンシーラーは一気に塗らないこと

 

気になるからとコンシーラーを厚塗りにして隠そうとすると、ファンデーションが密着せずに化粧崩れの原因にもなり、しっかりとしたメイクに仕上げることができません。まず下地クリームで整え、シミをひとつづつ隠すようにコンシーラーを付けます。

 

そばかすなど小さな点が集まったシミにはスティックやクリームタイプのコンシーラーを丁寧にシミに乗せていきます。その後に指でトントンとなじませていきます。

 

このひと手間で全体の仕上がりが違ってきますから、一気に全体に伸ばさずに丁寧に重ねていきましょう。気になるシミには一度で厚く付けず、重ね付けをするとしっかりとカバーでき、崩れにくくなります。

 

ファンデーションもまずは押さえて

 

コンシーラーでしっかりとシミをカバーしたらファンデーションを塗りますが、伸ばすように塗らずにコンシーラーの部分を押さえるように付けていきます。部分ごとになじませるためにパフで軽く叩いて肌に押し込んでいくようにファンデーションを付けます。

 

こうすると下地からファンデーションまで一体化して肌に密着するので化粧崩れしにくくなります。ここまでしっかりなじませたら、パフに取ったファンデーションを顔全体をなでるように滑らせて仕上げていきます。

 

薄いシミにはパウダータイプのコンシーラーもOK

 

濃いシミの集まりではなく頬に薄く広がるようなシミの場合は、パウダータイプのコンシーラーでカバーすることができます。この場合は下地クリームの後にパウダーファンデーションをなじませ、その上にパウダータイプのコンシーラーという順序で使うと良いです。

 

透明感を残しながら気になるシミを手軽に隠すことができます。どちらのやり方も、一気にシミを隠すのではなく、ひと手間かけて丁寧なメイクを心がけましょう。