40代のたるみ毛穴を改善するスキンケア方法と栄養素

最近毛穴が目立ってきてメイクのりも悪くなってきた…と悩む女性は多くいますが、同じ毛穴の悩みでも年齢によって原因は様々です。

 

よく毛穴に汚れが溜まっているから開いて見えるのだと言って毛穴パックをする方が居ますが、40代の女性が悩む毛穴の開きの多くは、汚れではなく毛穴の周りの皮膚がたるんでしまい、支える力不足によって毛穴がひらいてしまった状態、つまりたるみ毛穴であることが殆どなのです。

 

40代のたるみ毛穴を予防または悪化させないスキンケア方法を紹介していきますね。

 

なぜたるむ?たるみの原因

 

30代を過ぎたあたりから毛穴の形が丸からしずく型に変わってきたな…と感じればそれはたるみ毛穴です。毛穴の周りには毛穴を支えるためのコラーゲンがあるのですが、年齢と共にコラーゲンが減少して劣化してしまいます。

 

すると弾力が失われ毛穴を支えきれなくなり、どんどん開いてきてしまうので毛穴が目立ってしまうのです。肌の老化現象といえますね。

 

コラーゲンを増やし針をアップ

 

たるんでしまった毛穴を回復させるには、減少したコラーゲンを増やすのが一番です。コラーゲンを直接肌に付けてもなかなか浸透しないので、コラーゲンを増やす働きのある「レチノール」が配合されている美容液を毎日のスキンケアに取り入れます。

 

レチノールがコラーゲンを増やす働きがあるのは医学的にも証明されており、非常に浸透率も高いのでしっかり使っていくことで効果が表れるのです。レチノール自体はビタミンAの一種なので肌に悪いものではありませんが、若干肌にとって刺激が強い成分ともいえます。

 

ですので、肌が慣れるまではカサつく感じがしますが、続けていくことで肌が慣れて馴染んでくるのです。気になる場合や敏感肌の人は一気に使わずに、様子を見ながら回数を増やしていくことが大切です。

 

真皮のコラーゲンを増やそう

 

毛穴周りのコラーゲンを増やしていくことでたるみ毛穴は改善します。肌のピーリングを行うことで、ターンオーバーを促すことができ、真皮のコラーゲンを増やすことができるのです。皮膚の代謝がよくなるので、毛穴のゆるみも改善され、毛穴の詰まりも除去できます。

 

自宅でピーリングを行う場合は、フルーツ酸と表示されている市販のピーリング剤を使用しますが、洗い流すタイプの方が肌に対するダメージが少なく安心して使用できます。美容皮膚科などでプロにしてもらうと更に綺麗になります。

 

ビタミンCも取り入れよう

 

美白効果やコラーゲンを増やすために必要なのがビタミンCです。サプリメントなどでもある程度は摂取できますが、ほとんど体外に排出されてしまい、たるみ毛穴に直接はなかなか届きません。

 

そこで効果的なのが、家庭用美顔器、皮膚科や美容皮膚科で行っているビタミンCイオン導入です。機械によってビタミンCを肌の奥にまで届けることができ、深刻なたるみ毛穴にも効果があります。色々な方法がありますが、自分の肌に合った方法で気になるたるみ毛穴を改善することが大切なのです。

 

ビタミンCなど美容成分をイオン導入できる美顔器

ヤーマンが開発販売している美顔器RFボーテ フォトPLUS。イオン導入、イオン導出(クレンジング)、引き締め効果のあるEMS、赤色LEDで光エステ、マイクロカレントなどを行える高機能な美顔器です。